心臓の話

心臓の話

犬も猫も年齢が上がるにつれて、心臓の病気が増えています。
心臓が悪くなってきている事は、ワクチン接種や他の病気で来院された時に聴診で偶然見つかります。
と言いますのも初期であれば症状が出る事は稀で、ある程度心臓病が悪化してからでないと症状に気付きにくいからです。

加齢による心疾患の多くは内科的に投薬することで管理します。
心疾患の進行を止める事は出来ませんが、「進行を遅くする事で心臓を長持ちさせる」というものになります。
ですので、まだ症状が出ていない。聴診で心雑音が見つかった時点。つまり異常が発見されたなら、なるだけ早くに心臓の検査(レントゲン・心エコー・心電図・血液検査)を行い必要に応じて投薬を始める事が大切です。

当院ではDOGドック/CATドックで心臓セットコースをご提供していますので、ぜひ一度いかがでしょうか?
元気、食欲があってもひそかに心臓病は進行しています。
早期発見・早期ケアに努めましょう!