熱中症に注意!

熱中症に注意!

暑い日が続きますが、わんちゃん、ねこちゃんの温度管理は皆様、どうされていますか??

今回は、熱中症に特に気を付けるべき状態について書かせていただきます。

若いから大丈夫、などという事はありませんので、わんちゃんなら舌を出してハアハア呼吸している場合、エアコンの温度を下げてみて、適温をみつけてあげて下さい。冷房の効いた部屋を自由に行き来出来る状況をつくっていただくことをお勧め致します。

パグなどの短頭種や肥満体型の動物が熱中症にかかりやすい事は有名な話かもしれませんが、病気によっても、熱中症になるリスクが上がります。

代表的な病気では、心臓病や気管虚脱などの呼吸器疾患がある場合があります。また、糖尿病や腎臓病では体が常に脱水ぎみの状態にありますので、高温環境下でさらに脱水になりやすいです。

窓を開けていても、熱風が通っているだけのことがありますので、出来るだけエアコンでの温度管理をお勧め致します!