設備紹介

院内施設

      第一診察室              第二診察室            



         手術室 

全身麻酔で使用する機械は2台あり、手術数により           第二診察室でも手術を行います。

    入院室          隔離入院室                   

 入院や、お預かりの動物がいます. 一般の入院室とは別のお部屋です。  


        ICU     

酸素濃度や湿度、温度を管理できるので、主に重症患者の入院に使用します。小型犬や猫、大型犬に対応します。


院内機器

     生化学分析装置        血球分析装置                     
     腎臓や肝臓、膵臓などの状態を調べます。 白血球、赤血球、血小板を調べます。     

 電解質測定器

0.1ml以下の僅かな血液量で、ナトリウムやカリウム等の電解質以外にも、血糖値、貧血の程度、腎臓の情報を得る事が出来ます。

        FCR                
 
従来のレントゲンと異なり、画像の濃度調節や拡大、計測機能があるため、画像の詳細な解析が可能です。  

     超音波Xario 

高解像度の画像が得られるので、心臓や肝臓、腎臓等の腹腔臓器の状態がリアルタイムに把握出来ます。

      血圧計              
 
動物用ですので、緊張により測定の難しい動物でも検査しやすいです。

 超音波スケーラー   

全身麻酔下での歯石除去や、尿道結石の粉砕に使います。

   エンシール,電気メス

5mm以下の血管は、縫合糸をつかわずに凝固が可能です。手術時の止血に用います。