HOME >> ブログ >>> お家の中のキケン【猫編】

お家の中のキケン【猫編】

お家の中のキケン【猫編】

ネコちゃんの特徴は活発な行動範囲の広さだと思います。
ネコちゃんは自分の身体の約5倍の高さまで飛ぶことができるジャンプ力を持っています。また塀などの細い場所を歩く素晴らしいバランス能力を持っています。
その為、飼い主様の予想外の場所に飛び乗ってしまう事が考えられるでしょう。

冷蔵庫やタンスなど重量のあるものなら飛び乗られても安心ですが、薄型テレビキャットタワーなど倒れるキケンのある不安定な物には念のためにしっかりと転倒防止の工夫を。とくに多頭飼いをされているお家は複数頭乗る事で不安定さが増してしまいますので注意が必要です。

バランス感覚の良いネコちゃんでもたまには失敗が…。
飛び乗ろうとした場所の上に布や障害物があり、飛び乗るのに失敗をして落下したり。
爪などが引っかかってしまい宙ぶらりんになってしまい脱臼をしたり。
ネコちゃんの行動力を思うとすべてを片付けるというのは難しいと思いますが、普段ネコちゃんがお気に入りにしている場所やよく通る場所はなるべく障害物が無いようにしておきましょう。
最近のネコちゃんは室内飼育によって運動不足や肥満などで、本来持っている身体能力が衰えているなどの可能性もあります

また高層階にお住まいの方は窓やベランダからのネコちゃんの落下にも注意してください。
ベランダの柵ほどの幅があればネコちゃんは簡単に飛び乗って歩けてしまいます。
ジャンプ力からわかるようにネコちゃんはそこそこの高さから飛び降りても問題はありませんが、まれにネコちゃんは数十メートルという高さから飛び降りてしまうという事故があります。
フライングキャット症候群』と呼ばれるものなのですが、目の前の虫や鳥を捕まえようとして落ちてしまう、遠近感が判らなくなって落ちてしまう等、色々と考えられていますが明確な原因は判っていません。

いずれにしても落下はケガのキケン高さによっては命のキケンに繋がります。
また無傷であっても落下でお外に出て驚いたネコちゃんが走って逃げてしまい行方不明になることも考えられます。
これからの季節、窓を開けて網戸で過ごされる事も多くなると思いますがベランダ等には出られないようにしっかりと対策しましょう。

ネコちゃんが食べてはいけない物や植物、危険な場所、誤飲のキケンは依然ご紹介した『お家の中のキケン犬編』と同等ですので是非ワンちゃんを飼っていらっしゃらない方も読んで頂ければと思います。
ネコちゃんの場合、ひも状の物で遊ぶ事が好きな子が多いと思いますが誤飲だけでなく遊んでいる間に体に毛糸など長い紐が絡まってしまうことがあります。万が一、首に巻き付いてしまうと大変キケンです。

やはり飼い主様の目がない時にはこういった物はイタズラされないように隠しておくように対策してくださいね。